Copyright © 2019 MARIKO KOTAKI All rights reserved.

待望のマリメッコ展

January 7, 2017

 

今日は

 

渋谷 B u n k a m u r a ザ・ミュージアムにて

 

開催されているマリメッコ展へ。

 

年末から楽しみにしていてた企画です!

 

お気に入りの黒のワンピースを来て

 

出かけて来ました🎵

 

 

 

 

展示のネタバレは厳禁ですが・・・

 

 

 

 

見たことあるある!

 

すきすき!

 

 

 

 

え?これも?

 

こんなのも?

 

 

 

へぇ〜!

 

この人だったんだぁ〜、

 

ふむふむ・・・

 

 

 

と、感性を刺激されまくり

 

とても楽しく有意義な時間を

 

過ごすことができました。

 

 

 

 

昨年公開されたマリメッコの映画で

 

マリメッコ創設者「アルミ・ラティア」の人生を

 

垣間見ていたので

 

マリメッコとしてのブランドの成り立ちは

 

知っていましたが、

 

どのテキスタイルデザインを

 

誰が担当したか、など

 

細かい知識はほとんど知りませんでした。

 

 

 

 

特大のパネルにぎっしりと詰まった文字を

 

端から端まで読み

 

好奇心が満たされるまで

 

ゆっくりと味わうように

 

かわいすぎるテキスタイルやお洋服を

 

上から下からと見つめていました。

 

 

 

 

今から4年前、

 

テキスタイルデザインが大好きな私は

 

マリメッコのテキスタイルをデザインしたい!

 

と思う気持ちを抑えられず

 

ポートフォリオをしっかりと作り、

 

フィンランドへ郵送したのです。

 

 

 

 

1ヶ月待っても返事が来ない。

 

 

 

そうだよね、

 

世界中から我が!我が!と

 

履歴書やポートフォリオが

 

送られて来るに違いない!

 

 

 

 

2ヶ月経った。

 

 

 

まだかなぁ・・・

 

 

 

 

3ヶ月目。

 

 

うーん・・・まだかなぁ・・・

 

 

 

 

半年。

 

 

もしかしてちゃんと届いてないのかなぁ?

 

 

 

 

9ヶ月。

 

 

 

また出してみようかな!

 

って言うか、

 

そもそも届いてるのかな?

 

フィンランド語って分からないし

 

ちゃんと住所書けてなかったのかも。

 

 

 

 

1年後。

 

 

 

うん、

 

また作って出してみよう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れもしない、

 

1年9ヶ月後の12月24日。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポートフォリオは

 

郵便局員さんの冷たい手を通じて

 

返ってきた。

 

 

 

 

マリメッコのかわいいカードに

 

手書きの文字。

 

 

 

 

結果はダメだったんだけど、

 

なんだか

 

無性に嬉しかったのを覚えています。

 

 

 

 

 

そんなことを今日、

 

 

 

 

 

思い出していました。

Please reload